トリパズの話

『トリパズ』とは、1997年10月30日にサントスから発売されたPS1ソフト。
落ち物パズルゲーム。

私この作品めちゃくちゃ好きなんですよ。
発売当時に知ることも買うことも出来なかったのが悔やまれる。

同じブロックを4つくっつけると消える、というのは基本として、この作品における1ブロックはゲーム内で言う『一番小さい三角1つ分』のことであって、1回に落ちてくるブロック全体のことではないです。
落ちてくるブロックは三角、あるいは三角を組み合わせて出来ている四角で、大きさも形もバラバラ。
そのため高く積み上がりやすく隙間が空きやすいのだが、この作品は上がブロックで塞がっていても下に隙間があればワープすることが出来る『通し』というシステムがあります。

それから、同じ色のブロックを囲いを作るように配置すると内側の空洞が補完されて一気に消える『囲み』というシステム。これがあるおかげで私のような連鎖を組むのが苦手な人間でも戦うことが出来ます。
フィールド全体を使った巨大な囲みを作ったりも出来ます。これが演出の効果もあってめちゃくちゃ気持ちいい。

あとは、相手の攻撃(モノブロック)を反撃に利用することが可能。説明書には書いてないけど相殺の概念も存在するようです。
いろいろな要素が詰め込まれていながらよくまとまった作品…とも言えますが、どれか1つでも欠けたら崩れてしまいそうなバランスだとも私は思います。あまりに絶妙で、本当によく出来ているなと。

モードは『おぷしょん』を除くと4つ。

・『CPUとあそぶ』
文字通り、CPUとの対戦モード。
難易度はEASY、NORMAL、HARDの3種。使用キャラは初期6キャラ+隠し3キャラの計9キャラ。それぞれにエンディングが用意されており、NORMALかHARDをクリアすると見ることが出来ます。CPUを自滅させるコマンドも存在するので、「このキャラのエンディングが見られない!」ってことにはなりません。
最初はCPUが強く感じたけど、(個人差はあるだろうが)慣れればちゃんとノーコンクリアを狙える程度の強さでこれも絶妙だなと。VERY HARDが欲しくなってくる。

・『たいけつ!!』
2人対戦モード。ここではCPUとあそぶの9キャラに加え、もう2キャラが使用可能になります(但し2P側でしか選ぶことが出来ない)。

・『ぱずるっ』
決められたブロックで決められた条件をクリアするモード。問題の数は100問以上となかなかのボリューム。
時間経過で少しずつヒントをくれて、全部見ると完全に解き方が分かるので途中で詰む心配は無いです。親切。

・『じかんだよ』
時間制のスコアアタックモード。降ってくるブロックは決まっているので、それを使って制限時間内にいかにスコアを稼ぐか計算して…というやつ。知能と迅速かつ正確な操作が求められるやつ。
これ、私は実はあまりやってない。連鎖組むのが苦手ってところで察しがつくかもしれないけど、そういう戦略立てるの苦手なんですよ…。こう書いてるとなんか悔しいな。

『CPUとあそぶ』『ぱずるっ』の仕様、パッケージ裏に『たぶん必ずクリアできるみんなにやさしい落ちものパズル。』と書かれているんですけど、本当にその通り。

ここからゲームシステムとは離れ気味な話になりますが、この作品、キャラクターも大変良いです。
可愛らしいデフォルメキャラに混じって1キャラだけゴツイのがいるんですけど、そのバランスも好きだし、BGMも相まってめちゃくちゃ格好よく見える。
各キャラのアニメーションも細かく作られているし、攻撃力によって変わるボイス(口数少ないキャラもいるけど)も熱い。中攻撃・大攻撃前の叫び(叫びじゃないキャラもいるけど)が好き。
ところでこの作品のキャラクター、絶対いろいろと設定がありそうなのに、説明書やゲーム内にキャラ紹介とかが無いのが惜しい。ゲーム内で得られない情報で唯一載ってたのが、フィールドの端にいるキャラの名前はモンチーくんだってことですね。
まさか、説明書とは別にキャラ紹介の紙とか入ってたんじゃないでしょうね。どうですか、この作品をお持ちの(或いは持っていた)方々…。

音楽もめちゃくちゃ好き。キャラクターごとに戦闘BGMが違うんですけど、どの曲も本当に良いし大好き。特に好きなやつとか書こうと思ったけど決められない…あれもいいしこれもいい…
この作品、全体的に私のツボにガッツリはまっているんですよ。『ぱずるっ』モードオールクリア後に『CPUとあそぶ』モードをやると一度クリアしたキャラ+難易度の組み合わせが強制的に最終戦からになるってこと以外不満が無いです。(因みにこれ、何とかならないんですかね?)
キャラ設定の件に関しては、不満というよりは「紹介あってほしかったな~」って願望。尤も、上に書いた件も最終的にはオールクリアしたデータが作れないってだけなので、そこまで大きな不満ではないです。めちゃくちゃ大きい落とし穴ではあると思うけど。
効果音も気持ちいい。主に最初の方に書いた囲い消しとか、連鎖中とか。

パッケージ裏の言葉を借りて「とにかくよろしくあそんでおくれっ。」と全力で薦めたいけれど、今のところアーカイブス配信などはされていないので入手手段が中古販売しか…
あまり知られてないらしいのが本当に惜しいので配信されてくれたらなぁと思うけど、やはり厳しいだろうか…